HOME SITEMAP
AQUAS
事例 実績 企画プロモーション ウェブサイト制作 お問い合わせ
ウェブサイト制作>Webサイトの目的
:: 検索エンジン最適化(SEO)を制作初期段階から運営まで取り入れています
SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジン最適化の事を意味します。
では検索エンジンの最適化とは何でしょうか。
それは検索エンジンで表示される結果を上位に表示させ、アクセスを増やすWebマーケティングの手法です。主にGoogleやYahoo!の検索エンジンの仕組みを分析し、Webサイト制作に組み込みます。


目的の情報を探すのに、インターネットで検索エンジンを利用する人は全体の約80%。その内の約90%が 2ページ目までに表示される検索結果を閲覧します。つまり、検索結果を上位に表示させる事がアクセスUPの近道なのです。SEOを導入する事で、興味あるターゲットユーザーをWebサイトに集める事ができます。


ただ、よく誤解されるのですが、決してSEOは検索エンジンで上位に組み込むための小手先のテクニックでも、デザインを損なうための物でもありません。ターゲットユーザーからのアクセスを増やし、企業の利益を生み、そしてユーザーの使い勝手を向上させる事(=ユーザービリティの向上)につながる手法なのです。


例えば、画像にaltタグをつけた場合を考察してみます。
会社概要というイメージ画像がある場合、<alt=会社概要>をつけます。そうすることで、画像が読み込まれる前に、ブラウザに「会社概要」という文字が表示されるのです。これは画像が閲覧できない環境の場合や回線スピードが低い環境の場合においても、ページの一覧性を高める事ができます(=ユーザービリティの向上)。そしてaltタグ内のテキストは、検索エンジンの解析対象にもなるのです(=SEO)。


上記のaltタグの他、検索エンジンが優位に読み取るタグ(<A>=アンカーテキストなど)は、マーケティングができるデザイナー、プログラマーにより適切にHTML内に埋め込みます。


HTML、デザインにSEOを導入した上で、さらに最も効果的なSEOの手法はテキストマッチです。 キーワード出現頻度、キーワードの近接度、サイトテーマを考慮した制作により格段にアクセス数が向上します。アクアスではSEOを取り入れたWeb用のテキスト作成を行っております。


なお、こうしたSEOの手法は制作初期段階からHTMLページに取り入れたり、テキスト作成において重要視するだけでなく、Webを公開した後の「運営」の段階でも引き続きその効果を測定し、チューニングしていく事が大切です。 アクセスログ解析で、ユーザーが検索エンジンからどのキーワードを入力してWebサイトに訪れたのか、そのキーワードでは検索エンジンの結果表示で何位になっているのか、現在のキーワードは適切か、といった事を細かく分析し、Webサイトに反映していくのです。 アクアスではWebサイトの更新作業や運営までトータルにサポートいたします。
SEO効果測定 Price
 
  Copyright©2002-2004 AQUAS. All Rights Reserved.